トイレつまりの思いで!

トイレ詰まり

トイレつまりといえば、誰でも実際に起こすまでは自分は大丈夫だと油断して想定や対策はとらないものなのではないかと思います。

 

というのも、自分がそうだったからです。紙を多少流してもトイレつまりは起こりはしないと、その日も紙を多く流してしまいました。そのままトイレが流れなくなりました。

 

いざ流れなくなるとパニックに近い状態に陥りました。これがトイレつまりというものかと正直慌てました。洗面所のドアによく貼ってあるシールはあったか気にしだしたりしました。

 

私は仕方なく部屋を管理している会社に電話して業者さんに来てもらいましたがかなりのお金がかかりました。トイレつまりを侮ってはいけないなと強烈に思いました。業者さんにはそういう時のためにつまりをとる器具を買っておくといいと教えられました。ホームセンターでトイレつまりを直す価格より安く売っているとのことでした。

 

その後私はその器具(ラバーカップというそうです)を購入しました。とりあえずは大丈夫と安心しましたが同時にトラブルのときのために業者さんの技術料なども気にかけるようになりました。

 

先ずアクシデントから住宅を守る為には予防が大切な事をお話しましたが、実際に自分で修理が出来ない時に安心して頼める業者さんて何処と思う方は多いと思いますがご安心ください。以前困った時に電話の対応や説明をキチントしてくれる業者さんがありました。私のお奨めとしては、トイレつまりは生活水道センターが運営する専門サイトトイレづまり.comが良いですね。

 

その他の水漏れ修理など例えばトイレリフォームや交換はトイレ水漏れ修理でお馴染みの生活トラブル救急車が良いと思います!同社は住宅の水廻り修理や窓ガラスの割れ換えなどや鍵の紛失から金庫の開錠も行っていますから急なアクシデントにも大変役立つサイトです。

 
 

スポンサーサイト